Pocket

モチベーション

包丁の切れ味が悪くなってきたのでちゃんと包丁を研げるようになりたい。

砥石を使った研ぎ方

昔ながらの砥石を使った研ぎ方は以下を見ると良い。

シャープナーを使う方法

砥石を使ってシャッシャと研ぐものだと思っていたけど、シャープナーなるものがあるらしい。なにこれ簡単で便利!と思ったけど、そもそもシャープナーと砥石は包丁の切れ味を良くするための原理が違うみたい。

シャープナーは「こすっている」だけ。プロに聞く、砥石で包丁を研ぐコツ | ROOMIE(ルーミー)シャープナーは包丁を切れなくする??|10年かかるプロの料理技術を3ヶ月で習得!!AmaZing FRENCH
によると、

ではシャープナーはどうかと言うと、実はシャープナーでは刃を薄くすることはできないんです。その代わり、刃先に傷をつけてギザギザにすることによって切れ味を出します。
これはノコギリと同じ原理ですね。ギザギザがあるとゴリゴリ切れていくので、切れるようになった感じがするのです。
よくお皿の裏で包丁をシャッシャッとこすって包丁を切れるようにすることがありますが、あれもこれと同じ原理です。

切れるように包丁を削っているわけではないのですぐに切れ味が悪くなるし、長期的にドンドン切れにくい包丁にしてしまうようです。なので僕は砥石を使って行こうかな。

良さそうな砥石

砥石の粒度で使い分けをする人もいるみたいだけど、一つで済ませたい人は中砥石が良いようだ。自分がみたなかで中砥石な”シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000″が良さそう。

サポートアイテム

包丁研ぎ初心者の時は研いでいるときに包丁と砥石の適切な角度を保つのが難しい。そこで、それをサポートする物が清水製作所のスーパートゲールである。 

これらをつかって包丁を研いで行こうと思います。

参考

Pocket

Share Your Thought

CAPTCHA